くるぶしの黒ずみも保湿が重要

ホワイトラグジュアリー

気温が上がる季節が近づいてくると、サンダルやミュールで足元をおしゃれに過ごしたいものです。

 

好きなデザインのものを買い、カラフルなペディキュアをして、楽しく夏を乗り切ろう、と思いながらくるぶしに目を移すと、そこには黒ずみができていた、ということがよくあります。

 

折角サンダルやミュール、ペディキュアをそろえても、くるぶしが黒ずんでいると、それだけで気持ちも落ち込んでしまいます。

 

くるぶしだけでなく、膝や肘、脇、デリケートゾーンなど、からだのさまざまなところに黒ずみはできてしまいます。

 

その原因は主に、メラニン色素によるものです。

 

メラニン色素といえば、紫外線が原因で生成されるものだと考える人は多いでしょう。しかし、メラニン色素は、一般の人が考えている以上にできやすいものなんです。

 

原因は、皮膚の摩擦です。

 

皮膚がこすれることにより、簡単にその場所にメラニン色素が生成されてしまいます。靴下を履いていれば、履いている間ずっと肌が靴下に触れている状態になり、それが黒ずみの原因となってしまいます。

 

正座やあぐらで床と接する時間も多く、骨の出っ張りという形状も相まって肌が硬くなり、古い角質が蓄積され、それも黒ずんでしまう原因です。

 

くるぶしをキレイにするための方法でもっとも重要なのは、保湿です。

 

お風呂から上がったら、顔を保湿するのと同じように、くるぶしにもたっぷりの化粧水をしみこませて保湿します。

 

そのあと、ワセリンや尿素が配合されているクリームをしっかりと塗りこみます。

 

これを繰り返すことにより、古い角質が少しずつ減っていき、肌のターンオーバーが正常化されていきます。

 

ピーリング、スクラブ入りの石鹸で洗う、専用のスポンジやタオルを使って洗うというのもおすすめです。

 

しかし、これらのやりすぎは禁物です。

 

こすりすぎてしまうと、かえって黒ずみが悪化してしまう場合があるからです。お風呂上がりの少しのケアで、キレイなくるぶしにすることができます。

 

おしゃれな足元のために、正しい方法でしっかりとセルフケアを行いましょう。

関連ページ

アンダーヘアは脱毛サロンでのお手入れがおすすめ!
ビキニラインの悩みと言えば黒ずみだけではありません。下着からはみ出るアンダーへアは夏になり水着の季節になると致命的ミス!アンダーヘアは早めに脱毛サロンでお手入れしましょう!
乳首が黒ずんでいるとどうして男性からの印象が悪くなるのか?
乳首が黒ずんでいると男性からの印象が悪いのは色々なアンケート結果を見ても明らかです。ではなぜ乳首が黒いだけで男性からの印象が悪くなるのでしょうか?こちらにまとめました。
妊娠による乳輪の拡大は何もしなくてもまた元に戻る?
妊娠すると出産後母乳をだすためにホルモンバランスの変化によって乳輪の色が黒ずむようになりますが、出産後の時間の経過とともに色は元の色に戻りますが個人差があります。
黒ずんでいるお尻をキレイなお肌にするにはどうしたらよい?
お尻の黒ずみは肌へのダメージが原因です。肌に刺激を与えないようにし、肌を保護してあげるようにしましょう。肌は生まれ変わりを繰り返しているので、キレイな状態に戻すことができます。