多くの人は授乳を終える頃には気にならない状態に戻ります

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

妊娠すると初期の段階から出産後に母乳をだすために女性ホルモンの分泌量が増えて乳腺が発達し始めます。

 

乳腺が発達するとバスト自体の大きさが大きくなって合わせて乳輪も大きくなります。

 

バストが大きい人ほど乳輪も大きくなります。

 

ホルモンバランスが変化して黄体ホルモンが活発になるとメラニン色素を作り出すメラノサイトが活性化するため乳輪や脇などの色が濃く、黒ずんだように変化します。

 

妊娠によってバストの大きさが変化することで下着や衣類との摩擦が起きやすくなり、肌を刺激から保護するためのメラニンが増えるため黒くなることもあります。

 

メラニンによる黒ずみは授乳による刺激から皮膚を守る役目があるほか、視力がほとんどない赤ちゃんでも乳輪がはっきりすることでおっぱいの位置がわかりやすくなり母乳を飲みやすくするためといわれています。

 

出産前後が一番濃い状態になり、出産後数か月すると妊娠によって変化していたホルモンバランスが元に戻ってくるため肌の黒ずみも徐々に薄く元の色に戻り始めます。

 

多くの人は授乳を終える頃には気にならない状態に戻りますが、妊娠によって一度体が変化しているため完全に元に戻るというわけではなく個人差があり数か月でほぼ元に戻る人もいれば数年かかる人もいます。

 

黒ずみを解消するためにはできるだけ摩擦を避けるためにきつい下着などをつけないようにしたり、肌にやさしい素材を使った下着を選ぶようにします。

 

授乳期間が終わっている場合には黒ずみの原因となっているメラニンが溜まった角質を除去するためにターンオーバーを促すケアであるバストの黒ずみ専用のクリームや美白効果のあるボディケア用品、保湿クリームなどが効果的です。

 

ちなみに私はホワイトラグジュアリープレミアムという美白クリームであそこの黒ずみも綺麗になりました。

 

ホワイトラグジュアリープレミアムに出会わなかったら今頃コンプレックスを持ち続けていたかもしれません。