できたシミに対する対策

自分では万全に紫外線戦略を売るつもりでも、いつの間にか顔つきにポツンと茶色のシミを見つけたときの損害。ある程度のジェネレーションのマミーなら皆が体験されていると思います。一度叶うと、なかなかやっかいなカタチ。予防するのにこしたことはありませんが、出来てしまったシミをきれいにする切り口はあるのでしょうか。

 

まず、なぜシミができるのか、そのメカニクスを見てみましょう。

 

 

シミがやれるメカニクス

 

シミのもととなってあるものは、メラニンと呼ばれる色素もとです。過度の紫外線を浴びると、人肌に生じる尖端化細胞(ケラチノサイト)が、人肌の室内を守ろうとして人肌最下層の基底階級に生じる色素細胞(メラノサイト)にメラニンを作り上げるように指図を出します。

 

人肌の新陳代謝が正常であれば、シミの食材であるメラニン色素は体外へ放出されますが、その釣り合いが乱れると、メラニンの放出が滞ってしまい、それがシミになってしまいます。

 

美容白コスメティックでシミに玄関

 

さて、できてしまったシミへの対処法としてひとまず考えられるのが美容白作用のいるコスメティック。どのようなもとがどのように人肌に効くのか見てみましょう。

 

厚生労働省が認めた美容白もとを使用した美容白コスメティックの基本的な要因は「メラニン色素作成を治めることにより日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」にあります。最近は、新しい美容白もとや高濃度のカタチなどが使われた美容白コスメティックが出てきています。1カテゴリーを通して美容白心配りを忘れないようにしましょう。

 

シミ対策なら最もおすすめなのはホワイトラグジュアリープレミアムです。

 

特にホワイトラグジュアリープレミアムは乳首の黒ずみに悩んでいるといる方に人気です。

 

乳首に黒ずみも一種のシミ。

 

もちろん、ホワイトラグジュアリープレミアムは乳首だけでなくどの部位にも効果的です。