背中が汚いのをどうにかしたい

【背中面皰の原因と処置】

 

背まん中は皮脂や汗の分泌が手広く、スキンの角質クラスが厚い要素。しかも、ウエアで蒸れ易い結果、面皰が発生しやすい環境にあります。そのため、ずっと化膿した面皰が適う「難治性の面皰」と変わるケースが数多く、面皰と面皰跡の両方に耐えるほうが多くいます。

 

繰り返し易い背まん中の面皰は、重症化する前に早めに直すことが重要です。背中面皰の原因やふさわしい治し方をわかり、適切な処置を行いましょう。

 

【背中に面皰ができる原因】
面皰の原因は、毛孔が詰まって皮脂が毛孔インサイドに止まり、そこにアクネ菌が増殖することだ。背まん中の面皰も同じで、なんらかの原因で毛孔が塞がって仕舞うことによって発生します。背まん中の毛孔が塞がる原因について、細かくみていきましょう。

 

【毛孔がつまる意義(1)皮脂の過剰分泌】

 

 

背まん中はがんらい皮脂分泌が多い会社ですが、皮脂の分泌が通常よりも継ぎ足し、放出しきれなくなると、毛孔が詰まる原因となります。皮脂の分泌が増加する原因には、以下のようなものがあります。

 

 

・メンズホルモン

 

ストレスによる抗重荷ホルモンの分泌や、安眠欠陥による交感神経の活性化は、メンズホルモンの分泌かさを増加させます。メンズホルモンは皮脂腺を刺激する作用がある結果、皮脂の過剰分泌を引き起こします。放出しきれない皮脂が毛孔の中で古めかしい角質と交ざり、これから毛孔を塞いでしまうのです。

 

 

・食事

 

炭水化物やサッカライドを多く含む食材の中には、食後に血糖数が急上昇する「高GI食材」があります。血糖値を下げるために分泌されるインシュリンには、メンズホルモンを刺激する役目もあるため、結果的に皮脂の過剰分泌を引き起こします。鳥獣性脂肪の多い高脂肪食も同様で、脂肪当たりが皮脂腺を刺激して皮脂分泌を増加させます。

 

逆に不足すると、皮脂の過剰分泌を導くのがビタミンB群だ。ビタミンB2やB6は、皮脂分泌を制するので、面皰護衛や改革のためには、単に積極的に摂りたい栄養だ。

 

【毛孔が詰まる意義2洗い残しと毛孔周辺の過角化】

 

 

流しほうが欠落だと、古い角質や余分な皮脂が留まりぎみだ。背まん中は洗い流しがたい会社であるため、洗い残しが発生しやすいといえます。また、落としが不十分で石鹸やシャンプー、ヘアトリートメントなどが残ってしまうことによっても、毛孔が詰まることがあります。

 

洗い流しほうが欠落だと、古い角質や余分な皮脂が貯まりぎみだ。背まん中はすすぎ辛い会社であるため、洗い残しが発生しやすいといえます。また、落としが不十分で石鹸やシャンプー、ヘアトリートメントなどが残ってしまうことによっても、毛孔が塞がることがあります。

 

シャンプーやリンスなどにある界面活性剤や添加物なども、素肌にとっては異物の結果、お素肌に残留したこれらの物体が過角化を導くことがあります。

 

 

【アクネ菌の増殖】

 

 

スキン外面の皮脂膜は、ペーハー(pH)4〜6の弱酸性に保たれているのが、やはり健康な状態です。pHバランスが崩れて6以上のアルカリ性に傾くと、バイキンやカビが増殖しやすくなります。

 

一般的な石鹸やシャンプーは、スキンをアルカリ性に講じる本性があります。スキンにはアルカリ性からの完治器量がありますが、流し過ぎや水分欠陥がかぶると、その完治勢力は低下してしまいます。

 

その結果、スキン外面でアクネ菌が必要以上に目立ち、一層毛孔の中では急激に増殖して、面皰を悪化させることがあります。

 

【背まん中の面皰の治し人】

 

背まん中は処置がしにくい部分だ。しかし皮脂腺が手広く、スキンが顔付きと比較して分厚く、手強いので、いったん面皰ができると悪化し易く、跡もすきぎみだ。 背中に面皰ができないようにする処置、あるいはできてしまった面皰を悪化させない処置の理由を紹介します。

 

・スキンケア
背まん中を洗う際には、汚れを落とす結果とはいえ、垢すり手拭いや車体ブラシでゴシゴシと洗ってはいけません。手強い外敵で素肌の支障様式が低下したり、面皰ができている場合には、傷を付けて炎症を悪化させてしまう。不潔や余分な皮脂、古臭い角質などは洗い流さなければいけませんが、こすり過ぎないように気を付けましょう。
きつくこすらずに角質を除くには、ピーリング材料が入った石鹸などによる処置がおすすめです。ピーリングは、酸などの力で見た目にいる古い角質を溶かし、交替を促す効果があります。ピーリング効果があるコスメティックには様々な範疇がありますが、サリチル酸やフルーツ酸(AHA)や酵素が配合されているものが良いでしょう。
背中にピーリングを行った後には、素肌がカサカサしないようにどうしても保湿をください。とりわけピーリングの後は角質クラスが一時的に薄くなり、支障様式が低下する結果、保湿処置は必須です。

 

・メニュー・食材
面皰の改革や護衛のために積極的に摂りたい栄養としては、ビタミンB群があります。豚肉やレバー、乳製品などにあるビタミンB2、カツオやマグロ、鶏ささみなどにあるビタミンB6には、皮脂分泌を引き下げるムーブメントがあります。
かぼちゃ、にんじん、ホウレンソウなどにある、豊富なビタミンA、ゴマやアーモンド、玄米にある亜鉛、レモンやイチゴ、いもたぐいなどにあるビタミンCは、粘膜や素肌を健康に持ち、代謝を促します。
逆に必要最小限の飲用を心がけたいのが、皮脂腺を刺激する鳥獣性脂肪やサッカライド、メンズホルモンの分泌を促す高GI食材だ。これらの摂り過ぎは、皮脂の過剰分泌を招きます。また、香辛料の効いた外敵の良い食材やスピリッツも、皮脂腺を外敵する。

 

・生活習慣
素肌にじかにさわるウエア、別にインナーは、手触りのいいものを身に付けましょう。就寝時は素肌が蒸れないように、通気性にも留意して下さい。そして、汗をかいたら着替えをすることも有効です。
入浴時折、背中に流れたシャンプーやリンスを残さないように、洗う順番にも気を配って下さい。まずはシャンプーをして、その次にシャンプー、最後に人体を洗うと良いでしょう。

 

 

【治らない場合は、別のスキン疾病の可能性も】
面皰を直すための処置をしているにも関わらず、現状がからきし貫く場合には、面皰以外のスキン疾病の可能性もあります。

 

 

・マラセチア毛包炎

 

若干の輝きを向き合う赤い発赤が毛孔に生まれるのが、マラセチア毛包炎だ。面皰と違ってがたいは類似で、発赤の容量自体は面皰よりも小形だ。原因は「マラセチア」というカビ(真菌)の増殖で、毛孔で炎症を起こしている状態です。

 

・毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

 

背まん中、上腕、おけつ、大腿、ふくところはぎなどにブツブツができている場合には、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)かもしれません。毛穴性先化症(もうこう所為かくかしょう)とも呼ばれるように、原因は古臭い角質の肥厚化だ。
面皰と似てはいますが、大きな違いはバイキンによる炎症では乏しい職場だ。原因としては遺伝みたい要素が強く、カテゴリーを重ねていくうちに自然に癒えるケースも多いと言われています。
繰り返しますが、背まん中は皮脂腺が数多く、スキンも手強いので、実は面皰ができ易い会社だ。そしてひと度面皰ができると、どうにも治りません。背中には面皰を作らない、あるいは面皰ができてしまったら、退廃させずに直すことが大切です。